話題の臨床開発モニター

最近は医療分野や介護分野の仕事が注目されています。

高齢化社会といわれている日本において、医療や介護の仕事、求人は共有が間に合っておらず、常に需要が高い状態です。

就職・転職情報サイトの求人の中でも、医療や介護の求人は非常に多くなっていますが、最近その中に、臨床開発モニターという仕事を見ることが多くなっています。

臨床開発モニターは、CRAとも呼ばれています。

このお仕事は医療機関や研究機関において法律を守った治験が行われているかどうか、適切に実施されているかどうか、モニタリングするという仕事です。

製薬会社の治験実施の規格、運営、最終的に終了するまで様々なことに関わります。

《関連リンク→臨床開発モニターファンブログ

看護師や薬剤師などの医療的専門知識を持っている方が転職する際に、この職業を選ぶことも多くなっています。

製薬会社とのやり取り、医師とやり取りなど人と多く係る仕事であり、治験に関する知識が必要となりますが、未経験から応募できるという求人も多いので、医療分野で仕事をしたいという方にもおすすめの仕事です。

勿論、ある程度医療に関する地域が必要となりますので、勉強が必要となりますし、経験をどんどん積んで折衝能力を高めていく必要がある仕事なので大変な面もありますが、やりがいの大きな仕事です。

治験の企画運営、治験の被験者登録の促進、さらには報告書の作成など一連した業務をこなす臨床開発モニターに憧れを持っている方も多く、これから先、さらに人気が高まる仕事といわれています。